よくあるQ&A

大人の治療は、こどもの矯正歯科治療とどう違う?
治療方法が大きく違い、それぞれにメリットとデメリットがあります。あごの成長がまだ発育段階にある子どもの場合、矯正歯科治療はその成長発育を促したり、抑制したりしながら正しい方向にリードして、歯とあごを自然で理想的な位置に整えながら進めていきます。そのため、こどもの治療期間が「第I期」と「第II期」に分かれ、治療期間も大人より長くかかるのです。 一方、すでに成長発育が止まっている大人の場合は、あごの大きさが完成しているため、それをベースに治療を行います。そのため、あごの大きさに対して歯が並びきらずデコボコしている場合や、歯列が出ている場合などには、歯を抜いて(犬歯の後ろの第一小臼歯を抜くことが多い)、抜いたスペースを利用して歯列をきれいに並び替えたり、前歯を後方に下げたりします。

日本臨床矯正歯科医会 発行:Hello!Smile『今からはじめるおとなの矯正歯科治療』参照

Q&A一覧へ


いいだ矯正歯科クリニック経験豊富な専門医による安全で安心な歯科矯正治療です。

こどもの矯正治療・大人の矯正治療・あご関節の治療・歯のホワイトニング・スポーツ歯科(マウスピース等)

  • 大宮クリニック 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-18-2 ライズビル2F Tel.048-643-6480
  • 宇都宮クリニック 栃木県宇都宮市桜1-5-5 Tel.028-638-0122