症状と治療

不正咬合の種類と問題点

「不正咬合」とは、よくない咬み合わせのこと。その原因は、あごの歯の大きさといった遺伝的なものと、悪習慣などによる後天的なものとに分けられます。不正咬合の状態や程度は人によってさまざま。ここでは、その代表的な種類をまとめました。

叢生(そうせい)

Case.1叢生(そうせい)

別名、乱ぐい歯。歯がデコボコに生えたり、歯の生え方が不揃いだったりする状態。 あごが小さくなっている現代人に多い不正咬合です。八重歯も叢生の一種。


空隙歯列(くうげきしれつ)

Case.2空隙歯列(くうげきしれつ)

別名、すきっ歯。歯と歯の間が空いている状態。 歯そのものが小さかったり、歯に対してあごが大きいことなどが原因で起こります。 また、歯があごの骨の中に埋まって出てこない「埋伏歯(まいふくし)」や、もともと歯の本数が足りない 「先天性欠如歯」があることで起こる場合も。


過蓋咬合(かがいこうごう)

Case.3過蓋咬合(かがいこうごう)

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている咬み合わせ。なかには、下の前歯が上の前歯に隠れてしまって見えないケースも。


交叉咬合(こうさこうごう)

Case.4交叉咬合(こうさこうごう)

通常、上の歯は下の歯をおおっていますが、それが逆になっている咬み合わせ。 奥歯に交叉咬合があると、正中線も一緒にズレていることがよくあります。


開咬(かいこう)

Case.5開咬(かいこう)

別名、オープンバイト。奥歯をしっかり咬み合わせたとき、上下の前歯が咬み合わず、すき間ができてしまう 状態。そのため歯ぐきが乾きやすく、虫歯や歯周病になりやすく、咬み合う歯が少ないため顎関節症が発生しやすくなります。


反対咬合(はんたいこうごう)

Case.6反対咬合(はんたいこうごう)

別名、受け口。咬み合わせたとき前歯が連続して3本以上交叉咬合になっている咬み合わせ。 上の歯のかぶさりがないため、下の歯の先端から根もとまですべて見えます。


上顎前突(じょうがくぜんとつ)

Case.7上顎前突(じょうがくぜんとつ)

別名、出っ歯。上の前歯や上あごそのものが前方に出て、下あごが後退している状態。 あごの骨に問題がある場合と、歯だけが前に出ている場合とがあります。


日本臨床矯正歯科医会 発行:Hello!Smile『今からはじめるおとなの矯正歯科治療』参照


いいだ矯正歯科クリニック経験豊富な専門医による安全で安心な歯科矯正治療です。

こどもの矯正治療・大人の矯正治療・あご関節の治療・歯のホワイトニング・スポーツ歯科(マウスピース等)

  • 大宮クリニック 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-18-2 ライズビル2F Tel.048-643-6480
  • 宇都宮クリニック 栃木県宇都宮市桜1-5-5 Tel.028-638-0122