症状と治療

歯が動くしくみ

歯は外から見える「歯冠部」と、歯ぐきの中に隠れている「歯根部」の二つに分けられます。 なかでも歯根部では、歯とあごの骨の間を「歯根膜」という繊維が取り巻き、クッションのような役割を果たしています。 弱い力を継続してかけると歯が少しずつ動くのも、この歯根膜があるおかげ。 では、いったいどんなふうに歯が動いていくのでしょう?

歯の基本構造

歯ぐきの中には「歯槽骨」という歯を支えるための骨があります。 歯槽骨と歯根の間にある繊維状の組織が「歯根膜」。歯根膜は、歯にかかる衝撃をやわらげるクッションの働きをしています。
歯の基本構造

矯正装置の装着

歯に矯正装置をつけ、動かしたい方向に弱い力をかけると、歯を支える歯根膜にその力が伝わって歯根膜が伸縮します。
矯正装置の装着

歯が動きはじめる

歯や歯のまわりの組織に弱い力をかけ続けると、「骨芽(こつが)細胞」と「破骨(はこつ)細胞」が働き始めます。 骨芽細胞は繊維が引っ張られている部分で新しく骨をつくり、破骨細胞は繊維が圧迫された部分の周辺にある骨を壊しはじめます。
歯が動きはじめる

歯の移動

骨芽細胞と破骨細胞の働きによって新しく骨をつくったり壊したりすることで、歯が少しずつ動いていきます。
歯の移動

日本臨床矯正歯科医会 発行:Hello!Smile『今からはじめるおとなの矯正歯科治療』参照


いいだ矯正歯科クリニック経験豊富な専門医による安全で安心な歯科矯正治療です。

こどもの矯正治療・大人の矯正治療・あご関節の治療・歯のホワイトニング・スポーツ歯科(マウスピース等)

  • 大宮クリニック 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-18-2 ライズビル2F Tel.048-643-6480
  • 宇都宮クリニック 栃木県宇都宮市桜1-5-5 Tel.028-638-0122