症状と治療

矯正装置の名前と役割

歯を理想的な位置に動かすためのブラケットやチューブを総称してブレースといいます。 その構造をひとつひとつ見ていくと、”縁の下の力持ち”といっても過言ではないほど、さまざまな工夫が施されていることがわかります。 矯正歯科治療を始める上で、個々の器具の名前や役割を知っておくことは治療に対する理解とモチベーションを高めることにもつながるはずです。

aアーチワイヤー
ブラケットにはめて歯を動かす細い金属線。大きく分けて断面が丸と四角の2種類があり、さらに細いものから太いものまで何種類もあって、それらを治療のプロセスで必要に応じて使い分けていきます。
bパワーチェーン
モジュールの小さな輪が連続したもの。ごく弱い力が継続的にかかるように開発されたもので、輪の部分をブラケットにかけて、歯を引っ張るために使われます。
cモジュール
リガチャーワイヤーと同様、ブラケットにアーチワイヤーを固定するための、直径3mm程度の小さな輪ゴム状の高分子化合物。 ブラケットを装着している間、治療中は通院のたびに付け替えることに。色にバリエーションがあるので、おしゃれ感覚でコーディネイトを楽しむことも。
d ブラケット
歯に直接貼り付ける矯正器具。丈夫でもっとも一般的なのは金属製。他にも透明や半透明で目立ちにくいセラミック製やプラスチック製などさまざまな材質のものがあります。
eリガチャーワイヤー
別名、結さつ線。ブラケットにアーチワイヤーをくくりつけるための細い金属線。 ワイヤーを結さつ(結びとめる)しやすいように、表面がなめらかに仕上げられています。
f エラスティック
主に上下のあごの関係を改善するために使われる、直径約5mmから1cmくらいの輪ゴム。治療のプロセスに応じて 使用されるもので、すべての人が使用するものではありません。自分で取外しができますが、歯磨きと食事のとき以外は基本的にはつけたまま。
gチューブ
アーチワイヤーを通すため、奥歯につける筒状の装置。通常、一番後方の歯につけます。
hバンド
主に奥にかぶせる金属でできた帯状の輪。接着剤が今ほど発達していなかった頃は、金属製のバンドにブラケットを熔接して、それを歯にセメントでつけていましたが、現在ではバンドを使うのは大きな力のかかる奥歯だけ。

日本臨床矯正歯科医会 発行:Hello!Smile『今からはじめるおとなの矯正歯科治療』参照


いいだ矯正歯科クリニック経験豊富な専門医による安全で安心な歯科矯正治療です。

こどもの矯正治療・大人の矯正治療・あご関節の治療・歯のホワイトニング・スポーツ歯科(マウスピース等)

  • 大宮クリニック 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-18-2 ライズビル2F Tel.048-643-6480
  • 宇都宮クリニック 栃木県宇都宮市桜1-5-5 Tel.028-638-0122